90年前の古い工場

仕事で、1896年創業の紡績会社の工場に行きました。
この工場は1919年(大正8年)竣工。操業開始から優に90年以上が経過しています。産業革命を経たイギリスの近代的な紡績工場を目指して建てられた工場で、当時イギリスから輸入した煉瓦を存分に使用して、実用的ななかに美しい佇まいを見せてくれます。
a0112387_010872.jpg

古い木のドア。
a0112387_011163.jpg

事務所の中も映画のロケに使えそうなくらい美しいのですが、仕事中の方達の手前、撮影は自粛。いつかディテールを撮りたいです。風格のある樹木。
a0112387_0131072.jpg

お手洗いと思われる窓。
a0112387_0135561.jpg

不思議な空間があちこちにあります。
a0112387_014211.jpg

a0112387_0415219.jpg

使われているのかどうかわからないバルブ。
a0112387_0144650.jpg

なんとも可愛らしい喫煙所。
a0112387_0153185.jpg

イギリスの古い工場を歩いているような気分になります。
a0112387_0154619.jpg

a0112387_0162091.jpg

でも、こんな所に古い日本の工場らしさが。
a0112387_0172366.jpg

a0112387_0174513.jpg

a0112387_01881.jpg

ここにも。
a0112387_0183420.jpg

もちろん「ひく」もありました。
a0112387_0195100.jpg

a0112387_019244.jpg

外から見ると、こんなアンティーク風な工場ですが、このドアをくぐると中には最新鋭の設備が。
a0112387_0214753.jpg
90年以上も前の設計が、現代に通用することに驚きを隠せません。
a0112387_0211569.jpg

喫煙スペースで休憩していた人が、「あっちに渋い建物がありますよ。」と教えてくれたのですが、打ち合わせの時間が迫っていたので泣く泣く諦めました。次回は一番に行ってみます!
a0112387_0234839.jpg

[PR]

by ma-puana | 2012-09-11 23:59 | お出かけ