超簡単!ロゼットブローチの作り方

この記事をアップしてからすごい反響で、「ロゼット」「作り方」の検索でブログを訪問してくださる方が多く、嬉しい限りです。この記事を参考にもしロゼットブローチを手作りした方がいらしたら、トラックバックやリンクをしていただけると嬉しいです♡

かなり前なのですが、ロゼットブローチをいくつか作ったので、作り方をご紹介します。
a0112387_3132536.jpg

昔から、「見たものは作れる」と言われる私。でも見た感じだけで作るので、とにかく手抜きが信条です。
各工程の写真もきちんと撮っていず、複数回の写真を混ぜて構成しました。使っているリボンや生地が変わっているのはそのためです。

まずは台紙作り。厚紙を好みの大きさに切ります。ロゼットそのものの台と中央の部分の台なので、大小を付けて。この日使ったのはお菓子の箱です。
a0112387_22512416.jpg

a0112387_2523596.jpg


大きい方の台紙に強力両面テープをベタ貼り。
a0112387_2532476.jpg

大きい方の台紙の5ミリ内側には同心円の印を付けておき、印に沿ってリボンを畳みながらくっつけていきます。
a0112387_255853.jpg

いくつか畳んだら、ホチキスでパチン!始まりの方は1cmくらいはリボンの終わりを下に押し込むので、ホチキスをしないで残しておいて下さいね。
a0112387_256015.jpg

いつも上側のリボンが印と直角になるように畳んでいくと綺麗に揃います。
a0112387_2571124.jpg


一段目が完了しました。
a0112387_2574383.jpg

裏はこんな感じ。おおざっぱです。
おしまいは最初のヒダの下に押し込んで、表に見える部分を斜めにカットしています。
a0112387_2582485.jpg

この時はヒダを2段にしました。お菓子の箱に掛かっていたリボンなのがバレバレ・・・
a0112387_2593759.jpg

裏側です。
a0112387_30874.jpg

凧のしっぽ状のリボンを垂らすときは、裏に両面テープで止めちゃいます。
a0112387_382835.jpg

表から見るとこんな状態です。
a0112387_385475.jpg


次に小さい方の台紙で花心を作ります。ふわっとさせたくて化粧用のコットンをカットして大小2枚重ねました。花心をくるむ生地は、台紙より直径1.5cm~2cmくらい大きくカットしておきます。
a0112387_314366.jpg

生地の周囲にナミ縫いを入れてちょっと絞ったところ。
a0112387_332793.jpg

生地・コットン・台紙小を全部重ねて絞っていきます。くるみボタンの要領です。
a0112387_342895.jpg

最後は放射状に縫って完全にくるんでしまいます。雑で良いですよ~
a0112387_351510.jpg

花心が完成しました。
a0112387_3617.jpg


大きい方の台紙より少し大きめにカットした(私はピンキングを使いました)フェルトに安全ピンを縫いつけて、リボンを留めた台紙の裏から貼り付けます。
a0112387_3114231.jpg


最後に表に花心を、これまた強力両面テープで貼り付けて完成です!ボンドやグルーガンでも出来ますが、両面テープが断然手早くて綺麗だと思います。1コにつき30分くらい。簡単なので色々作ってみました。
a0112387_3304545.jpg


服や帽子、エコバッグに付けたりして楽しんでいます。
a0112387_3283786.jpg

[PR]

by ma-puana | 2012-12-10 03:20 | 手作り