震災から2年~息子を慰めてくれたトミカたち

震災、そして原発事故から2年の歳月が流れました。お亡くなりになった方達のご冥福をお祈りするとともに、一日も早い被災地の復興、そして原発事故の収束を願ってやみません。

震災の時、息子は4歳でした。私は帰宅難民になり、家族と連絡が取れないまま、同僚達と休憩も取らずに歩き通して帰宅しました。そして、原発事故と放射能汚染を知りました。

事故の詳細が判らず、とにかくまだ4歳の息子を避難させようと神戸の実家に連れて行きました。父母に息子を託して私は関東に戻り仕事を続け、毎週末に息子に会いに行く生活を1ヶ月続けました。

実家にいる赤ちゃんのお人形をお世話する息子。お兄ちゃんになった気持ちで頑張っていたのかも。
a0112387_23255861.jpg

靴下を穿かせるのに手間取って、「もう~ややこしちゃんですねぇ」なんて言っていたそう。
a0112387_23254726.jpg


神戸の実家にもたくさんのトミカが置いてあったのですが、息子が電話で「トミカが足りないの」と言ってきて、急いで愛用のトミカや踏切などを箱詰めして送りました。
息子は毎日たくさんのトミカを走らせて遊んでいたそうです。
a0112387_232577.jpg
当時息子が撮影した写真。大きく写すと本物の車のようです。
a0112387_23245566.jpg

a0112387_2324423.jpg
a0112387_23242952.jpg


大好きなトミカたちが、初めて親から離れて生活した息子の寂しさを癒やしてくれたのでしょう。

2年経って、息子に「あのとき寂しかった?」と聞いてみたら、
「ママが毎週来てたねぇ。毎日トミカで遊んでたよ。(寂しかったことは)もう覚えてないよ。」と答えました。

あのとき神戸に旅したトミカ達、一緒にいてあげられなかった私たちの代わりに息子の側にいてくれたトミカ達は、今でも息子の大切な友達です。
[PR]

by ma-puana | 2013-03-11 23:07 | 乗り物

暑い暑い日、お台場デート

今日は息子とお台場デート。目的はまた乗り物です。
①ゆりかもめに乗る
②水上バスに乗る
③フェラーリの実物を見る
④MEGAWEBで運転シミュレーション体験

さて、まずは「お台場・有明ぐるりきっぷ」を購入してゆりかもめへ。一本見送ったら無事、一番前の席が取れました。ゆりかもめは無人の自動運転なので、一番前の席では運転士気分を満喫できます。
a0112387_16525988.jpg


お台場海浜公園下車。公園でお弁当。砂浜ではあかりのイベントをやっていたらしく、たくさんのろうそくが色々なカラチに並べてありました。
a0112387_165447.jpg


砂が靴に入るのも楽しい!
a0112387_16544352.jpg


砂浜をたくさん走って腹ごなしが済んだら、かき氷を片手に次は水上バスに乗ります。
a0112387_16555597.jpg


またゆりかもめに乗って。「運転士席」は夏休みの子供達でいっぱい。みんな譲り合って仲良く楽しんでいました。
a0112387_16563538.jpg


お台場海浜公園に戻り、SHELL MUSEAMへ。仕事でよくここを通っていて、展示してある本物のフェラーリを見せてあげたいと思っていたのですが・・・どこにも見あたりません。お店の人に聞いてみると、なんと契約期間が終わって返却されてしまったとか・・・残念!
ミラノのフェラーリショップで楽しい買い物をして以来、フェラーリが大好きな息子。ちょっとへこんでしまいました。
a0112387_1744489.jpg
3歳になりたての頃。今写真を見るとまだまだ赤ちゃんっぽい。この頃は「ヘラーリ」なんて呼んでいたなぁ・・・

気を取り直してフェラーリカフェで一休み。
a0112387_1765980.jpg


いよいよ「クルマのテーマパークMEGAWEB」へ。運転シミュレーションは人気があり、20分から30分待ち。息子は根気よく並んで4回も乗せてもらいました。
a0112387_16591253.jpg


最後にショップをチェックして、色々なミニカーを欲しかったようですが、今日は目的が違うので買いません。メリハリをつけないと、家の中が車だらけになってしまいますからね。

暑い一日、朝から晩まで乗り物づくしの、乗り物大好きな男の子向けお台場デートでした。
[PR]

by ma-puana | 2011-08-10 16:45 | 乗り物