Fine Dine Discovery-チェコ共和国編

Fine Dine Discovery-チェコ編に、今回も写真担当で参加してきました。
Fine Dine Discoveryは、「旅をしている気分で、世界各地の宝物を発見し、語り合うイベント・・・・」その言葉通り、裏原宿の隠れ家レストランを舞台に、知的好奇心にあふれた大人達が集まり、ワインと食事、文化を楽しむイベントです。
a0112387_517599.jpg

まだ暑さが残る9月。エントランスでひっそりと焚かれる蚊取り線香・・・
a0112387_5202584.jpg


ヨーロッパの中央に位置するチェコは、変化に富んだ起伏のある国土にエルベ川、モルタヴァ川といった、古代からヨーロッパの歴史をはぐくんだ川が流れる美しい国。ヨーロッパの覇権争いにも翻弄されますが、独自の文化と遺産を賢明に守り、ヨーロッパの奥深さと豊かさを今に残して「ヨーロッパの古都」と呼ばれています。1993年のビロード離婚でスロヴァキアと平和的分離を果たし、今のチェコ共和国となりました。

わたしがチェコに旅したのは、ビロード離婚の一年前。まだチェコスロヴァキアと呼ばれていた頃です。あらゆる建築様式が集まったプラハの広場、不思議な魅力で昼も夜も惹きつけられ、歩き尽くした黄金小路・・・(今は改札口があるそうです)とても素敵な思い出がたくさんあります。

さあ、チェコへの旅に出かけましょう。
a0112387_5183029.jpg

セッティングを終え、お客様を待つcopon norp店内。チェコ共和国のさまざまな映像が流れます。
a0112387_5213861.jpg

厨房もきちんと整えられて、これからの忙しさに備えています。大人数のディナーを前に、こんなに整然としているのは、さすがプロの現場です!
a0112387_5264346.jpg
会場の一角にはチェコの雑貨を紹介する小さなお店も。
a0112387_523236.jpg
可愛いマリオネット。そう言えばチェコはかのイジー・トルンカを生んだ国でもありました!
a0112387_524299.jpg

a0112387_5245257.jpg
出番を待つワインたち。
a0112387_5255753.jpg

a0112387_5261869.jpg
骨太な国民性を感じさせるチェコ共和国大使の挨拶。
a0112387_5252157.jpg
そして、チェコ共和国はビールの国。一人あたりのビール消費量はなんと世界一だそうです。サプライズで用意されていたチェコビールでナズドラヴィ(乾杯)!!
a0112387_22231119.jpg

a0112387_2218139.jpg


さて、アミューズとともにスタートしたワインのテイスティングセッションについては、またもや安易にKIKIちゃんのレポートを転載しますぅ。

     **************

ワイン1:ZNOVIN Sparkling Wine
a0112387_22272574.jpg

a0112387_22332063.jpg

a0112387_22333855.jpg


産地:ズノイモ(モラヴィア)
今回は、インポーターのP&Mさまのご協力で、特別に日本未入荷のスパークリングを空輸で取り寄せました。いずれも、数々のコンクールで入賞し、評価の高いワインです。泡は若干弱め。ツヴァイゲルトレーベ種のロゼは柔らかな味わい、ピノブラン種とウェルシュリースリング種のドゥミ・セック(甘め)は軽い食前酒にぴったり、ピノノワールのゼクトはコクのあるしっかりとした味わいです。テーブル間でボトルを交換して、飲み比べもしていただきました。

ワイン2:REISTEN Pinot Gris 2010
a0112387_2234951.jpg


産地:ミクロフ(モラヴィア) 品種:ピノグリ
フレッシュな口当たりですが、時間とともにパワーとまろやかさを感じさせるピノグリです。ミネラルがたっぷりとあり、パン粉のような香ばしさや柔らかな果実の甘味も。

ワイン3:Volarik Muller Thurgau 2010
a0112387_22343554.jpg


産地:ミクロフ(モラヴィア) 品種:ミュラートゥルガウ
しっかりとした果実味と、樽のニュアンスを伴う苦味を感じさせるコクがあります。テクスチャーがなめらかで、親しみやすいワインでした。

ワイン4:Grand Cuvee Ch. C.ANDRE 2007
a0112387_2235993.jpg


産地:ヴェルケパヴロヴィチェ(モラヴィア)
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、ツヴァイゲルトレーベ、アンドレ
プラムやダークチェリー、ヴァニラ、ハーブ、湿った土、なめし皮など複雑な香りの素晴らしいワインです。味わいは、カベルネソーヴィニヨンからくる力強いタンニンを、ツヴァイゲルトレーべの酸味が和らげていて、思ったよりも柔らかくタイトに仕上がっています。

ワイン5:VINO Marcinčák Riesling 2003
a0112387_22353564.jpg


産地:ミクロフ(モラヴィア) 品種:リースリング
完熟ブドウを房選りで収穫し、藁の上で4-6ヶ月乾燥。36時間かけてプレスし、アルコール発酵後樽熟成させた「ストロウワイン=藁ワイン」です。わずかに酸味を残す極甘口は、デザートとして最高ですね。

     **************

各テーブルで指名されたテーブルリーダーの采配の下、テイスティンググラスにワインが注がれます。
a0112387_22443815.jpg

a0112387_22451986.jpg

a0112387_22453764.jpg

盛り上がる大使のテーブル。
a0112387_2246816.jpg


大使から「ヘルシーとは言えない」と紹介されたチェコ料理の数々。でも、美味しい!
Entree
レバーとクランベリーのパテ
アスパラガスのフライ
自家製ヘッドチーズ
a0112387_22485144.jpg


Main
牛ヒレ肉のクリームソース添え ベーコンのクネドリーキ
a0112387_22493770.jpg


Dessert
カッテージチーズとまるごとプルーンのクネドリーキ
a0112387_2250665.jpg



こちらが舞台裏の厨房。黒衣のシェフと、きびきびと働くスタッフ。
a0112387_2251372.jpg

a0112387_2252219.jpg

a0112387_22522370.jpg

a0112387_22524846.jpg

大使館シェフとの綿密な打ち合わせを重ねて作られる料理。置かれたメモに研究の跡が感じられます。
a0112387_22545024.jpg

誰かの旅の思い出でしょうか。なぜかカウンターにひっそりと置かれた飛行機・・・
a0112387_22553028.jpg


a0112387_22561443.jpg

a0112387_22563133.jpg


いよいよワイン投票が集計されます。
a0112387_22573677.jpg
かなりの僅差で人気第一位は、3番のVolalik Muller Thurgau 2010でした。次点は極甘口藁ワインVINO Marcinčák Riesling 2003。
a0112387_2311248.jpg


お料理とワインを楽しみながら、レクチャーやスピーチでチェコの歴史や文化の魅力をご紹介いただき、毎回イベントが終わる頃には、旅が終わってしまうような寂しさを感じます。皆さん同様なのか、この日もなかなか人が引かず、雑貨屋さんを眺めたり、おしゃべりに花を咲かせる人たちで、遅くまで賑わいが絶えませんでした。
a0112387_2354644.jpg

素敵な夕べをありがとうございました。
a0112387_2384945.jpg

[PR]

by ma-puana | 2012-09-26 04:41 | おいしいもの

届いたもの♡ Angel's Closet さん

先日、WEBモデルの撮影に参加させていただいたAngel's Closet さんから可愛いリーフレットが届きました。ショッピングセンターの広告で、その中の一枚がAngel's Closet さんでした。ショップのWEBサイトには色々な写真を出していただいていますが、印刷物はまた別の良さがあって嬉しいです♡ありがとうございました!
a0112387_23382327.jpg


ブログの掲載許可も頂いたので、先日頂いたデータもご紹介します。
素朴なワイルド息子も王子様になれるAngel's Closet の輸入フォーマルウエア、本当にステキです!

撮影してくださったのは、創業明治25年の老舗写真館である小貫写真館「パセオヌエボ」さん。

a0112387_0251814.jpg
撮影当日、私は付き添えなかったのですが、替わりに付き添ってくれた夫が「素晴らしい写真館だった」と報告してくれました。

ゆったりと広くて天井も高く、高級感のあるスタジオ。
a0112387_23513341.jpg

写真もとてもしっかりした美しさで、関東甲信越の外からわざわざ撮影に来られる方もいらっしゃるそうです。
a0112387_013529.jpg


一番気に入っているのがこのセット。蝶ネクタイ・帽子・ニッカボッカにサスペンダー・・・幼児期特有の可愛さです。
a0112387_122943.jpg

a0112387_1223856.jpg

a0112387_1225421.jpg

WEBサイトの写真はこんな感じ。
a0112387_145146.jpg



次に、子供スーツ2種類。キャッチコピーがほほえましい~。
a0112387_1245147.jpg

a0112387_126172.jpg

a0112387_1262272.jpg



a0112387_142960.jpg

a0112387_1265010.jpg

a0112387_127662.jpg

やさぐれですみません・・・
a0112387_127258.jpg

a0112387_1112287.jpg


最後にタキシード!ジェームズ・ボンドになれる!?
a0112387_1294118.jpg

a0112387_11215420.jpg

a0112387_1461017.jpg


Angel's ClosetさんのWEBサイトはこちら↓ところどころに息子が登場します。
a0112387_23563252.jpg

うちには男の子しかいませんが、女の子のドレスが本当にロマンチックで天使みたいに可愛くて・・・
いつか衝動買いしてしまいそうで怖いです :d
[PR]

by ma-puana | 2012-09-25 23:14 | フォトセッション

届いたもの♡ 年賀状素材サンプル集

立派な本が送られてきました。インプレスの2013~2014年賀状素材サンプル集です。
年賀状DVD-ROMイラスト12800

年賀状DVD-ROMイラスト12800
著者:インプレスジャパン
価格:1,390円(税込、送料込)




なぜこの素材集が届いたかというと・・・デジカメ年賀状の作例集にこんな人が。
a0112387_1285359.jpg

二オー洞窟前のドヤ顔は「絆」になっていました。
a0112387_129897.jpg

この写真も私のお気に入り♡
a0112387_128355.jpg


私は写真データを提供しただけなので、「なるほど~こんな風に使うのか~」と、色々参考になりました。ちょっとしたプレゼントです。
[PR]

by ma-puana | 2012-09-25 05:38 | メディア

食欲の秋!

キッズサイエンス大学の後、夫と合流してイタリアンレストランで昼食を取りました。お腹が空いて、ワクワク料理を待つ息子。
a0112387_1464910.jpg

息子が選んだのは、大人用のパスタのランチ。ボロネーゼとジンジャエール、ベビーリーフのサラダです。ボリュームたっぷり。
a0112387_1402038.jpg

しかし!なんと、「足りない」と・・・追加でフライドポテト注文。ジャガイモが3個分くらいがっつりありましたが、食べる食べる!
a0112387_1414974.jpg



私たちはピッツァのセット。秋らしいフンギのピッツァと王道のマルゲリータにしました。美味しかった~♪
a0112387_1424977.jpg

a0112387_14346100.jpg

しかし、園児の今から大人一人分以上に食べる息子。成長期が来たら我が家のエンゲル係数がどうなってしまうのか、末恐ろしいです・・・
[PR]

by ma-puana | 2012-09-23 01:37 | 息子

キッズサイエンス大学「台風編」

前回初参加して、すっかり息子が気に入ってしまったアインシュタインラボのキッズサイエンス大学。
今回のテーマは、『渦のかがく~つむじ風から台風まで~』です。

会場に着くと先生達が機械でシャボン玉をたくさん飛ばしてました。
a0112387_0105667.jpg

シャボン玉が飛んでいると、追いかけずにはいられない子供達。
a0112387_0115262.jpg

たくさんの子供達が集まってきます。参加証を首に下げてワクワク待つ息子。
a0112387_012363.jpg


授業、スタート!
a0112387_0142742.jpg



まずは実験に使う液体窒素の紹介。一瞬で凍った色水を見せて回る先生。
a0112387_0211554.jpg

床に撒くと一瞬で蒸発して雲が出来ます。屋外だから出来る大技です。
a0112387_0223923.jpg

辛抱たまらず雲に殺到する子供達。「雲は柔らかい」と勘違いしてコンクリートにダイブしてしまう子もいるのだとか。
a0112387_0235073.jpg



次に渦の実験。上下に繋いだペットボトルの片側に入れた水を、砂時計の要領でもう片側に落としていきます。30秒ほどかかりました。
a0112387_0262162.jpg

ところがペットボトルを横方向に回してやると・・・水は渦を巻いて落ちてゆき、たった10秒で落ちきりました。どうやらこれが台風が渦を巻く原因。地球の自転による渦です。(息子、理解できたかな?)

いよいよ台風作り。液体窒素に噴霧器で霧を吹きかけて大きな雲を作りました。
a0112387_0294336.jpg

モクモクです。
a0112387_0301584.jpg

雲を吹き付けられて喜ぶ子供達。雲の中は雨も降って台風状態だったそうです。
a0112387_0305828.jpg



最後にペットボトルの空気砲を使って風の渦を飛ばしました。ここでシャボン玉発生装置登場。空気砲でシャボン玉を打ち落とします。子供達は夢中!ぐちゃぐちゃのまま授業は終了しました。
a0112387_0352897.jpg

息子は次回のサイエンス大学も楽しみにしています。前回の授業で地球や宇宙に興味が出て、宇宙の図鑑も買い、日々眺めています。
a0112387_040322.jpg

[PR]

by ma-puana | 2012-09-22 00:07 | ワークショップ

スピード撮影!

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by ma-puana | 2012-09-18 01:58 | フォトセッション

データ届きました♡

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by ma-puana | 2012-09-17 01:19 | フォトセッション

堀切菖蒲園ツアー

今日は夕刻から堀切菖蒲園ツアー。16時に堀切菖蒲園の駅前で待ち合わせして、以前おじゃました「きよし」の移転先へ。駅の真ん前ではなくなっていたものの、駅から歩いてすぐの便利な立地です。
たった一つのテーブル席を、先に飲んでいたおじさま達のグループが譲ってくださいました。って。午後4時で出来上がってるって、どういうこと??
a0112387_23392961.jpg

移転してそんなに経たないのに、すでに老舗の佇まい。ピンク電話、昔は結構ありましたね~。
a0112387_234063.jpg

ラムネを手酌。
a0112387_23403681.jpg

かんぱ~い!!
a0112387_2341138.jpg

だいぶ出来上がってきたーー♪
a0112387_23413372.jpg

これが有名な(?)「きよし」のハイボール。氷無し、レモン一切れ、キクスイ炭酸、一升瓶に入った謎の液体、で、完成!
a0112387_23471965.jpg

発注係りに任命される息子。「ボール4つと、ラムネ1本と、焼き鳥の塩と・・・」全部通っていました。良くできました。
a0112387_23591227.jpg

ラムネが売り切れで三ツ矢サイダー。懐かしい~
a0112387_2350948.jpg



まだ明るいうちに「きよし」を後にし、次の酒場へ。この日はお祭りで、大将全くやる気なし。御神輿が来たら一緒に店から出て見物していました。ただこの方、ベーゴマの達人らしく、店の中にはベーゴマ勝負用の樽までありました。回し方を教えてもらう息子。
a0112387_23545129.jpg

難しくて全然回りませんでした。昔の子供達は器用だったのかな?

さて、子連れの我が家はここでお開きとなりましたが、あとの二家族はこの後2軒飲み歩いたそうです。すごい体力&飲力です!!
a0112387_23561819.jpg

[PR]

by ma-puana | 2012-09-16 21:21 | お出かけ

有田焼の「ノコサナイ茶碗」

息子へのプレゼント。有田焼のお茶碗が届きました。
a0112387_5352689.jpg

とっても可愛く包装されていて、商品への愛情を感じます。
a0112387_5204449.jpg

このシリーズです。どの色も可愛くて、集めたくなりますね。
a0112387_5523868.jpg
このお茶碗のコンセプトは「残さない」。内側に色を付け、表面がすべすべの磁器にすることで、ご飯粒を見えやすく、取りやすくしてあります。
a0112387_5223029.jpg

我が家でも、小さい頃から食事のたびに「お米の中には一粒に3人の神様がいるんだよ。」と言ってきました。
なので息子は「あと何人!?」と聞きながら、一生懸命さらえて食べています。

このお茶碗、ジオクラフトという、和食器のサイトで見つけました。実用性と美しさを兼ね備えた日本の優れた工芸品を販売しているお店です。写真がとてもスタイリッシュで、見ているだけでも楽しいです。溜塗りの小さいお重、ほしいな。
a0112387_5305857.jpg
       この写真はジオクラフトさんのサイトからお借りしました。

ユーザーからの投稿写真も多いようなのですが、オシャレなテーブルセッティングにため息・・・我が家のバタバタライフとはほど遠い優雅な生活に憧れちゃいます。
a0112387_538527.jpg
            この写真はジオクラフトさんのサイトからお借りしました。

さて、息子のお茶碗です。内側が墨色、外側に星の、クールで可愛いデザイン♡ 子供の手にもすっぽり収まります。
a0112387_5411991.jpg

いただきま~す!
a0112387_5422556.jpg

息子にお茶碗の感想を聞きます。
「おいしい!」・・・・・・・それお茶碗?

ペロリと食べ終わりました。お茶碗、キレイです!
a0112387_5452615.jpg

得意になってお茶碗を差し出すのでピントが合いませ~ん。
a0112387_5464344.jpg



もともとご飯大好きな息子ですが、このお茶碗でこれからも美味しいご飯をたくさん食べて欲しいです。
a0112387_5551849.jpg



和食器のジオクラフトwebショップファンサイト参加中
[PR]

by ma-puana | 2012-09-16 06:03 | 日記

90年前の古い工場

仕事で、1896年創業の紡績会社の工場に行きました。
この工場は1919年(大正8年)竣工。操業開始から優に90年以上が経過しています。産業革命を経たイギリスの近代的な紡績工場を目指して建てられた工場で、当時イギリスから輸入した煉瓦を存分に使用して、実用的ななかに美しい佇まいを見せてくれます。
a0112387_010872.jpg

古い木のドア。
a0112387_011163.jpg

事務所の中も映画のロケに使えそうなくらい美しいのですが、仕事中の方達の手前、撮影は自粛。いつかディテールを撮りたいです。風格のある樹木。
a0112387_0131072.jpg

お手洗いと思われる窓。
a0112387_0135561.jpg

不思議な空間があちこちにあります。
a0112387_014211.jpg

a0112387_0415219.jpg

使われているのかどうかわからないバルブ。
a0112387_0144650.jpg

なんとも可愛らしい喫煙所。
a0112387_0153185.jpg

イギリスの古い工場を歩いているような気分になります。
a0112387_0154619.jpg

a0112387_0162091.jpg

でも、こんな所に古い日本の工場らしさが。
a0112387_0172366.jpg

a0112387_0174513.jpg

a0112387_01881.jpg

ここにも。
a0112387_0183420.jpg

もちろん「ひく」もありました。
a0112387_0195100.jpg

a0112387_019244.jpg

外から見ると、こんなアンティーク風な工場ですが、このドアをくぐると中には最新鋭の設備が。
a0112387_0214753.jpg
90年以上も前の設計が、現代に通用することに驚きを隠せません。
a0112387_0211569.jpg

喫煙スペースで休憩していた人が、「あっちに渋い建物がありますよ。」と教えてくれたのですが、打ち合わせの時間が迫っていたので泣く泣く諦めました。次回は一番に行ってみます!
a0112387_0234839.jpg

[PR]

by ma-puana | 2012-09-11 23:59 | お出かけ