上履きに、さようならを。

息子の通う保育園は、上履き着用です。足が大きくなるたびに、これまで何足の上履きを買ってきたでしょう。最初の頃は私が絵を描いていましたが、今は新しい上履きを買うたびに、息子が自分で絵を描いています。

最近購入した18cmの新しい上履きに息子が描いた絵。へたっぴですが、カーズです。
a0112387_22175942.jpg


こちらは半年前に買った先代。
a0112387_22271649.jpg


「長い間支えてくれてありがとうってお礼を言って捨てようね。」とゴミ箱を差し出し、息子に捨てさせたところ・・・ポロポロと泣き出してしまいました。毎日お世話になった、愛着のある上履き。自分で捨てた上履きを撫でながら泣き続ける息子がかわいそうになってしまい、捨てるのは1週間待つことにしました。

息子は、ゴミ箱から拾い出した先代の上履きを、しばらく胸に抱いていました。

さて、1週間後、今度はお別れ出来るでしょうか・・・
[PR]

by ma-puana | 2012-08-31 22:14 | 息子

タカラモノの写真

先日参加させてもらった「タカラモノ 123」のフォトセッション。写真と、刺繍のハンカチが届きました。
ハンカチは子供の描いた絵を元にクチル・ポホンの井上アコさんが丁寧に刺繍をしてくださったもの。息子が描いた絵も、きちんと同封されていました。

素敵な綿麻のへリボン地に、線の調子や色の塗り方まで、本当に忠実に再現されていました。・・・感激!一生ものの宝物になりました。
a0112387_222648.jpg
このハンカチを見た息子。「すごい!」といいながらも「車輪 描き忘れてた・・・」。息子もそれなりに緊張していたんでしょうね。

そして、写真。六切りサイズにプリントして送ってくれたものをスキャナで取ったので、ちょっと画像が平板になってしまいましたが・・・素敵です!一生懸命作った レゴの「ホテルバス」を褒めてもらったせいか、息子もなんだか自信に満ちた表情をしています。
a0112387_2252840.jpg

こちらは一緒に参加したJ 君に届いた写真。可愛すぎ!
a0112387_214364.jpg

去年の「タカラモノ123」での息子再び。
a0112387_283999.jpg

J君と息子は9ヶ月違いで、去年の息子と今年のJ 君は、ほとんど同じ月齢になります。でも、本当に違います。それぞれの個性や、その時々の心情が、しっかりと写し取られているような気がします。

タカラモノ123プロジェクトの皆さん、素敵な体験をありがとうございました!
[PR]

by ma-puana | 2012-06-11 02:22 | フォトセッション

タカラモノ123 フォトセッション

タカラモノ123のフォトセッションに参加してきました。今回はお友達のJ 君と一緒です。

タカラモノ123は、雑誌・広告の世界で20年近くこども達の写真を撮り続けてきたフォトグラファー 回里純子さんを中心に、フォトグラファーやスタイリスト、ヘアメイクアップアーティストら8名の撮影チームが、
「一番たいせつなものは?タカラモノはなに?」とさまざまな国籍を持つ日本在住の21世紀生まれのこども達に問いかけて撮り下ろす、クリエイター発信のプロジェクトです。

下の写真は去年の6月、様々な国と時代から集まってきたミニカーとともにセッションに参加した4歳当時の息子。この写真ではいているお気に入りのデニム、今年はもうはけなくなりました。

a0112387_3212917.jpg
タカラモノ:はたらく車
LOVE IS:息子のことを大切に思ってくれる人たちが、色々な国、時代の車を
       プレゼントしてくれます。
       そうして集まったミニカーが、息子のタカラモノで友達です!


そして今年のタカラモノフォトセッションは・・・国立の アグレアブル・ミュゼで、子供服作家の井上アコさんとのコラボレーション企画です。子供達が描いたタカラモノの絵を、井上アコさんがハンカチに刺繍してプレゼントしてくれます。すごい思い出になりますよね。

まずはちいさなメモ用紙に、刺繍の図案になるタカラモノの絵を描きます。テラスのベンチで、井上アコさんがまるで絵本の1ページのような風情でチクチク刺繍をされていました。子供達は何十色もの色鉛筆に目を輝かせて絵を描いていました。
a0112387_3432068.jpg
あいかわらずヘアメイクには微妙な表情の息子。
a0112387_3435439.jpg
コテで髪の毛をふんわりさせてもらった息子とJ くん。カフェのテーブルで持ち込んだタカラモノを修復中。息子もJ 君もタカラモノはレゴです。
a0112387_3454070.jpg
去年は初めてのスタジオ撮影でガチガチに緊張してしまった息子ですが、今年は随分落ち着いていました。写真はフォトグラファーさんの後ろから私がちょこちょこ撮らせていただいたもの。プロの写真はもっと素晴らしかったです。
a0112387_346647.jpg
今年の息子のタカラモノは、レゴで作った夢の車。古いレゴの大きなタイヤを使い、パーキングや寝室もある、「ホテルバス」だそうです。でも、このバスに乗って旅行しているのも、レゴで作った車たちなのです。
a0112387_3464357.jpg


タカラモノ:レゴのホテルバス
       我が家にはレゴがたくさんあります。40年以上前に母親がいとこから
       もらったものから、去年サンタクロースが贈ってくれたものまで。
       子供は新旧パーツを取り混ぜて乗り物を作っては遊んでいます。
       毎日できあがる様々な乗り物が、毎日変わる不思議なタカラモノです。

撮影が終わり、ホテルバスで帰って行く息子。
a0112387_3512783.jpg
カフェで作ってもらったレモンソーダでひと休み。オーガニックレモンがたっぷり入った、本当に美味しいレモンソーダでした。
a0112387_3514446.jpg
テラスはまるでフランスの田舎家の前庭みたいです。
a0112387_471895.jpg
国立の街はとても綺麗でした。大学も緑が一杯、素敵なカフェやギャラリーが点在しています。息子が見つけた、古い郵便ポスト。
a0112387_3544210.jpg

来年の今頃には、きみはもっと背が伸びて、また新しいタカラモノを見つけているんだろうね。
a0112387_3553061.jpg

[PR]

by ma-puana | 2012-05-06 03:56 | フォトセッション

なのはな空市さんのブログ

なのはな空市でアートTシャツのワークショップをしてくれた歸山浩子さんが、空市のブログに素敵なレポートをアップして下さっていました。
出ています、息子。
ワークショップで一緒だった オシャレで可愛いキッズ達とも、レポートで再会できて嬉しいです♡
a0112387_4454057.jpg


『ものすごく集中して作ってくれた少年。芸術は爆発だー!』 とのキャプション入り!
パパのためにかっこいいTシャツを作ろうと 頑張ったんだものね。
a0112387_446398.jpg

写真は2枚ともululaさんのブログよりお借りしました。 
[PR]

by ma-puana | 2012-04-27 04:39 | ワークショップ

SHIBAURA HOUSEのどうぶつまつり

ミロコマチコさんのワークショップ「どうぶつまつりだ わっしょい!」に参加してきました。

あいにくの曇天だったのですが、ガラスばりのSHIBAURA HOUSEの中はとても明るく、ミロコさんが描いたたくさんお動物たちが出迎えてくれました。
a0112387_2212631.jpg
それから、子供達にはどうぶつハチマキ。ハチマキ大好きな息子は早速装着。
a0112387_22431636.jpg

画像は「するところ」のHPよりお借りしています

かば、ゾウ、ワニ、クマの下絵が用意されていましたが、息子はゾウを選びました。マジックを手に、さあ、お絵かきです。
a0112387_21592137.jpg
ゾウの食べるリンゴを描いたり、上を飛ぶカワセミを描いたり。(女の子達はお花やバッグでゾウさんを飾ってあげていました。)
a0112387_2255563.jpg

お隣のクマに出張して毛の間を迷路にしたり。
a0112387_2264121.jpg

フランスで出会った先史時代の洞窟壁画?ネガティブハンド制作中。
a0112387_2273610.jpg


次に、紙コップに入った糊とちぎった色紙が配られました。
a0112387_224511100.jpg
糊は危険ですね。息子はあちこちに糊を塗り逃げし、スタッフのお兄さんと私で後を追い回して色紙を貼っていきました。
a0112387_22123243.jpg


すごく綺麗です。
a0112387_22133558.jpg


さらにスタンプ。可愛い形に切ったスポンジと絵の具が用意されていて、最初は上品にスタンプしていましたが・・・
a0112387_22171767.jpg
(ネガティブハンドがいつのまにやらポジティブに。この画像は画像は「するところ」のHPよりお借りしています)
a0112387_22151738.jpg

ついには手が登場!他の子供達ももちろん同様で、あちこちでお母さん方の悲鳴が聞こえ始めます。
a0112387_22163286.jpg

あわれ、新しい靴下が・・・
a0112387_222257100.jpg
でも、家の中ではなかなかさせてあげられない体験ですよね。
a0112387_22521764.jpg


一度手を洗ったら・・・
a0112387_22244569.jpg
また面白いことが用意されていました。動物たちに色のシャワーです。
a0112387_22251646.jpg
子供達は夢中。動物たちはびっしょびしょ!a0112387_22255611.jpg
a0112387_22261220.jpg

たくさんあった絵の具シャワーが空っぽになり、「どうぶつまつり」はこれでおしまい。
a0112387_22272189.jpg


子供達の作品も、後日ミロコマチコさんの個展の会場に飾っていただきました。観に行かれなかったのですが、大きな絵が立ち上がった所はすごい迫力だったでしょうね。
a0112387_2231038.jpg
画像は「するところ」のHPよりお借りしています

すっかり満喫した息子、家に着くまでの間ずっと どうぶつハチマキをしていました。
a0112387_22324553.jpg
a0112387_2233619.jpg


楽しいワークショップをありがとうございました!
[PR]

by ma-puana | 2012-01-22 21:49 | ワークショップ

芝浦の空に、贅沢な雲

東京、芝浦の街に突然落ちてきた透明な箱。
妹島和世さんが設計を手がけた「SHIBAURA HOUSE」での親子ワークショップに参加しました。
駅からちょっと歩くので、息子は自慢のマイクロスクーターでさっそうとSHIBAURA HOUSEに乗り付けます。
a0112387_0352426.jpg


ガラス一枚で外と仕切られた1階の空間は、高い天井と相まって まるで半屋外のよう。この気持ちの良いスペースで「カラフルな雲を浮かべよう」というワークショップです。
a0112387_036648.jpg


丸く切られた薄紙をシールでつないで雲を作ってゆきます。
a0112387_0373469.jpg
a0112387_0383493.jpg


できあがった雲に風船を付けて・・・
a0112387_0393363.jpg
浮かびました!
a0112387_040023.jpg


講師のフェムケ先生。フェムケ・ベルスマ & アラト・ルテリンクさんはオランダのアーティストです。
a0112387_046938.jpg
ふわふわ動き回る風船や、「浮かぶ」ってことが、本当に不思議で楽しく、風船を付けてからず~っと笑顔があふれ続ける息子。
a0112387_047451.jpg


SHIBAURA HOUSEのリビングの真っ白な空が、子供達が作った素敵な雲たちで、カラフルに彩られました。
a0112387_0494319.jpg

[PR]

by ma-puana | 2011-08-22 00:40 | ワークショップ

あかりのワークショップ

「ハツデンするあかりを作ろう」というワークショップに参加してきました。
地震の影響で停電があったり、節電で街やお店が暗くなったり、「あかり」と人との関係について考えることの多いさなか、発電して部屋を優しく照らしてくれるランプを作りました。

ふくらませた風船に、水糊を付けた和紙を貼り、セロファンや色つきの和紙を重ねてゆきます。
a0112387_0245052.jpg

息子は水糊の感触にも夢中。
a0112387_0730100.jpg

まわりの子供たちは可愛い絵を貼り付けたり、模様を付けたりしているのに、息子の作品は・・・立体作品ですか?
a0112387_091825.jpg


会場は、茅葺の古民家で、とても気持ちの良い空間でした。雨がざあざあ降っているのに、家の中はからりと乾いています。気持ちの良い床で子供たちは裸足になっていました。休憩時間、息子は無垢の板張りの床に寝そべって、発電する懐中電灯を信号に見立て、車遊びです。
a0112387_0111579.jpga0112387_013788.jpg


最後は先生の点てて下さった お抹茶とお菓子でお茶会。素敵な器でお抹茶初体験。なんという幸運。
a0112387_0153897.jpg


会場は家からとても遠かったのですが、楽しいワークショップでした。初めて小田急にも乗れたし、お気に入りの喫茶店も見つかったし、また参加したいです!
a0112387_0171761.jpg

[PR]

by ma-puana | 2011-06-02 00:17 | ワークショップ

地球の地図を作ったよ!

息子と一緒に「地球の地図を作ろう」というワークショップに参加しました。
会場に用意されていたのは、大きな段ボールの半球と、綺麗な色の色紙たち。
a0112387_1442070.jpg

a0112387_2282141.jpg


講師のオードリーさんに地球上の様々な美しいモノの写真を見せてもらい、イメージをふくらませて、色紙を切り、半球に貼り付けていきます。最初に貼るのは海や山や木といった、大きな自然。
a0112387_2285584.jpg

息子は長い長い川を作って貼ってもらいました。

次に貼っていくのは、町や線路や、いろいろ、好きなもの!新幹線を描いたり船を切り抜いたり、大忙し。
a0112387_2304553.jpg
a0112387_2293689.jpg
a0112387_231213.jpg

a0112387_2295457.jpg

a0112387_2301137.jpg


最後に2つの半球を合体させて・・・できあがり!なんともカラフルで、素敵な地球になりました。
a0112387_2311730.jpg

丸いモノは転がしてみたくなるのが人情というもの。子供たちはさっそく玉転がし。
a0112387_2321447.jpg


みんなでそれぞれ作った自分の星を持って記念撮影。不思議な太陽系です。
a0112387_2313678.jpg


息子の星にはしっぽが付いています。
a0112387_2315519.jpg

[PR]

by ma-puana | 2011-05-02 02:39 | ワークショップ

はんこのワークショップ

息子と一緒に「はんこで遊ぼう」というワークショップに参加しました。
先生のとみこはんが作っておいてくれた可愛いはんこたち。
a0112387_23251750.jpg

熱心にぺたぺたする息子。いつのまにかはんこの周りに新幹線や線路ができて、画面一杯に夢が広がっていきます。
a0112387_23264637.jpg
a0112387_2327712.jpg

できあがり!
a0112387_23274123.jpg


約2時間、一生懸命はんこのお絵かきと物語作りに熱中し、感動と元気を頂きました。
会場の外に飛び出すと、息子は窓から目を付けていたすぐ裏の神社に駆け込みます。
a0112387_23312733.jpg

a0112387_23305357.jpga0112387_2333334.jpg
鈴を鳴らしたら手を合わせて熱心に頭を下げ、柏手を打ちます。やけに敬虔だと思ったら、
「新しいトミカをお願いしていたの。」だそうです。
[PR]

by ma-puana | 2011-02-26 23:33 | ワークショップ